昭和家電はダサい?流行は繰り返すものなのか、昭和レトロ・アンティークなデザインをインテリアに取り入れる【マツコの知らない世界】

syowakaden

こんにちは、もっちです☺

 

マツコの知らない世界、毎回楽しい出演者が登場して自分の好きな世界をマツコさんにプレゼンしますよね。そのトーク内容がマニアックすぎて、毎回笑いながら番組を見ています。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓

マツコの知らない世界は出演する人をどうやって探しているの?発掘方法は?出演者がトーク上手な訳は?

 

当日マツコの知らない世界(昭和家電)に出演の冨永潤さんについてはこちらをお読みください↓↓

マツコの知らない世界に冨永潤が出演!昭和家電へのきっかけや昭和ハウスでの収入は?

 

今回のマツコの知らない世界では、昭和家電の世界を紹介してくれるようです。

 

昭和家電といえば、今は平成の時代、そして間もなく平成も終わろうとしているときです。昭和家電と聞くとどうしても古いイメージをもってしまう人もいるのかもしれませんが、昭和家電は取り入れ方によって、素晴らしいものになるのです。

 

そこで、昭和家電はダサいのか、そして昭和時代の家電が今出てきているということは、流行はまた繰り返すものなのかについてや、昭和レトロ・アンティークなデザインの昭和家電をインテリアに取り入れる話しをしていきたいと思います。

 

昭和レトロ・アンティークが好きで部屋のインテリアに入れたいと考えている人の参考になれれば嬉しいです☺

スポンサードリンク

昭和家電はダサいものなの?

showa-kaden-matsukonoshiranaisekai

昭和の響きがする、なんて古いものを表現するときの代名詞として使われたりする時がありますよね。

 

平成がもう終わろうとしている時に昭和家電はダサいと思われているのでしょうか?

 

いいえ。昭和家電はダサくはないと思います。

 

今の世の中の家電商品は、シンプルなデザインのものが多く、いかにインテリアに溶け込むかを考えてしまいます。

 

私もそんなシンプルなデザインの家電は好きなのですが、今、昭和レトロ・アンティークな昭和家電をインテリアとして部屋の内装に取り入れるなら、懐かしさやレトロアンティークさが、逆に武器になり、部屋を演出するのに一役かってくれます。

 

昭和レトロ・アンティークの家電を専門に販売しているというお店もちゃんとあります。

 

昭和家電の昭和レトロ・アンティークは、今では部屋のインテリアの主役となり得るので、決してダサくはありません。

 

ですので昭和家電うまく部屋のインテリアに取り入れてコーディネートしてみてくださいね。

 

流行は繰り返すもの?

showa-kaden-matsukonoshiranaisekai

ファッションや音楽などの流行は20年周期で繰り返すものだとよく言われますよね。

 

ですので業界では繰り返す流行を狙って、その流行をアレンジしてから世の中に出していきます。

 

20年周期で繰り返すのはなぜなのかは色々と諸説があるようですが、はっきりとは解明はされていません。

 

諸説としては20年という周期は人間の中に組み込まれた自然の周期、と言った考え方や伊勢神宮が20年周期で遷宮することに関係しているなど、色々な考え方がありますが、なぜなのかはわかりません。

 

ですが、デザイナーたちがデザインを考える上で、その20年という周期を考えながらデザインに取り入れる人もいるので、さらに流行は繰り返されるのではないかと思います。

 

流行はメディアが作り出す場合もあるのです。

 

毎年、今年流行する色を決定するカラーオブザイヤー、今年の色はリビングコーラルです。ご存知ですか?

 

ファッション業界やインテリア業界などがカラーオブザイヤーで決まった色を使っての商品を販売していくので、今年の流行が決まっていくのです。

 

そうです、流行はメディアに作られていくという場合もあるのです。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓

カラー・オブ・ザ・イヤーの歴代の色や毎年のカラーの決め方は?

カラー・オブ・ザ・イヤー2019のリビングコーラル色をインテリアに取り入れる時の注意点

 

昭和家電の懐かしのアンティークデザインをインテリアに取り入れ

showa-kaden-matsukonoshiranaisekai

昭和家電でのアンティークなデザインといって思い浮かべたのがテレビや扇風機、電話、洗濯機などです。

 

小さな頃はブラウン管で、奥行きの深いテレビで、映らなくなると叩いて直す、ということをよく行っていました。

 

もちろんリモコンなんてないので本体についているダイヤル上の部分を回してチャンネルを合わせるということを行っていました。

 

扇風機は、タイマーなどもなくて、ボタンが飛び出ていたように思います。

 

電話もダイヤル敷の電話でしたので、もちろん保留なんてすることができませんので、受話器を置いている間は、家族の会話はまる聞こえでした。キャッチなんで機能も留守電機能ももちろんありませんでした。

 

コードレスでもないので、自分の部屋に持って行くこともできませんので、会話は家族に聞かれているのです。

 

洗濯機は、二層式で、家の外においていました。洗濯物が洗えたら、隣の脱水のところに移動をさせてから洗濯をしないといけませんでしたので、今の時代の洗濯機は全自動で乾燥まで行ってくれるなんて聞くと、はじめは驚いてしまっていました。

 

そんな昭和レトロ・アンティークなデザインの昭和家電も今の時代に取り入れると斬新です。

 

昭和レトロ・アンティークなテイストの部屋にコーディネートすることができますので、レトロ・アンティーク系のインテリアテイストがお好みの人はぜひ昭和家電のデザインをインテリアに取り入れてみてください。

 

部屋に入ると、どこか懐かしい昭和家電の置いている部屋は仕事などで疲れた心を癒してくれるのではないかと思います。

スポンサードリンク

昭和家電はダサい?流行は繰り返すものなのか、昭和レトロ・アンティークなデザインをインテリアに取り入れるのまとめ

今回、マツコの知らない世界では昭和家電がたくさん紹介されると思います。

 

その中で部屋に取り入れられそうなデザインの昭和家電を部屋に取り入れてインテリアコーディネートしてみてください。

 

昭和時代を生きてきた人たちにとっては懐かしい部屋のできあがりです。そして平成生まれの人たちにとっても昭和レトロ・アンティークなテイストの部屋は斬新でおしゃれな部屋に見えると思います。

 

昭和家電を置いた部屋は、昭和レトロ・アンティークで癒される部屋、きっと心が癒されますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらもあわせてお読みください↓↓↓

マツコの知らない世界に冨永潤が出演!昭和家電へのきっかけや昭和ハウスでの収入は?

2019.03.09

マツコの知らない世界、ナレーションの玄田哲章のプロフィールや経歴は?

2019.02.17
スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください