マツコの知らない世界に冨永潤が出演!昭和家電へのきっかけや昭和ハウスでの収入は?

syowakaden

こんにちは、もっちです☺

 

マツコの知らない世界、出演する人たちのマニアぶりが毎回楽しいですよね。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓

マツコの知らない世界は出演する人をどうやって探しているの?発掘方法は?出演者がトーク上手な訳は?

 

3月12日のマツコの知らない世界に冨永潤さん(とみながじゅん)が出演されます。

 

昭和家電の購入になんと7000万円ものお金をつぎ込んでいるというほどの昭和家電好き。

 

昭和家電が好きすぎて、昭和家電の収集に7000万円ものお金を使うとは・・・凄すぎです。

 

その冨永潤さんなのですが、昭和ハウスという昭和家電や昭和の商品を置いているハウスを経営され、昭和の懐かしい家電など7000万円をかけて収集した昭和家電を飾っています。

 

そんな昭和ハウスを経営されている冨永潤さんと、昭和ハウスについてお話ししていきます。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓

昭和家電はダサい?流行は繰り返すものなのか、昭和レトロ・アンティークなデザインをインテリアに取り入れる【マツコの知らない世界】

スポンサードリンク

冨永潤さん(とみながじゅん)の経歴

syowakaden

氏名・・・冨永潤さん(とみながじゅん)

生年月日・・・1969年

出身地・・・三重県伊賀市

 

冨永潤(とみながじゅん)の昭和家電へのきっかけは?

冨永潤さん(とみながじゅん)が昭和のものが好きになったきっかけはリサイクルショップで昭和の掛け時計を見つけたこと。

 

その掛け時計が冨永潤さん(とみながじゅん)の運命を変えました。

 

家の壁に購入した掛け時計を飾っていたけれど、それだけでは寂しいなと。

 

昭和のテレビやラジオなどいろいろと買い足して部屋をコーディネートしていくうちにどんどん楽しくなっていったそうです。

 

冨永潤さん(とみながじゅん)は昭和レトロなテイストでの部屋のコーディネートが好みだったのですね。

 

部屋のインテリアコーディネートは自分の好きなテイストに添った家具や家電を揃えてコーディネートする
ことで、部屋が整いおしゃれな部屋になっていきます。

 

それで冨永潤さん(とみながじゅん)は楽しみを見いだしたのですね。

 

冨永潤(とみながじゅん)の昭和ハウスでの収入は?

syowakaden

冨永潤(とみながじゅん)の昭和ハウスとは?

昭和ハウスは伊賀上野観光協会に入っていて、伊賀まちかど博物館として懐かしい昭和の家電・雑貨・時計と駄菓子屋として運営をしています。

 

冨永潤(とみながじゅん)の昭和ハウスの場所は?

所在地・・三重県伊賀市上野下幸坂町1240-2

TEL・・0595-21-1226

 

昭和ハウスでは、昭和家電などの商品の他にも駄菓子なども販売していますので、今は駄菓子屋さんはほとんどなくなってしまっていますので、お子さんと一緒に行くと楽しめると思います。

 

冨永潤(とみながじゅん)の昭和ハウスでの収入は?

昭和ハウスでは昭和家電や駄菓子などを販売しているお店ですので、入館料などは取っていないと思いますし、昭和家電をそうそう購入する人もいないと思いますので、他にどんな収入があるのかなと思って調べてみると、昭和ハウスでは昭和家電など、昭和の商品のレンタルも行っているのです。

 

7000万円ものお金を昭和家電収集に費やしているくらいだから、きっとお金もちで収入があまりなくても大丈夫なのかなとも思ったのですが、昭和の商品のレンタルの方でも収入を得ているようです。

 

ドラマや映画、CMなどに昭和の商品や昭和家電をレンタルしたり、百貨店やショッピングセンターなどが開催する昭和のイベントでレンタルしたり、介護施設などにレンタルをしてご高齢の方に懐かしい気持ちになってもらったりと昭和の商品や家電はほとんどの家庭ではもう、処分をしてしまっているので、現在すごく需要があるのです。

 

ドラマや映画でのレンタルでは、NHK“半分、青い。”や“いだてん”など、他にもたくさん昭和商品や昭和家電をレンタルして使用しているのです。

スポンサードリンク

マツコの知らない世界に冨永潤(とみながじゅん)出演!昭和家電へのきっかけや昭和ハウスでの収入は?のまとめ

マツコの知らない世界に冨永潤さんが出演され、マツコさんに昭和家電についてお話しをされます。

 

冨永潤さんが7000万円をかけて集めるほどハマった昭和家電の魅力について、面白く、そして楽しくトークされると思いますのでとても楽しみです。

 

冨永潤さんの収入はどうなのか、昭和ハウスを運営するだけで生活ができているのかを勝手に心配したのですが、昭和家電や商品のレンタル業をされていて、NHKのドラマや映画などにたくさんレンタルをされているので収入はたくさん入ってくるのではないかと思われます。

 

昭和も終わり、平成ももう少しで終わりますので、ますます昭和の商品が手に入りづらくなると思いますので、昭和ハウスの価値や需要はこれからもっともっと上がっていくのではないかと思います。

 

マツコの知らない世界での昭和家電の世界、楽しみです!

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓

昭和家電はダサい?流行は繰り返すものなのか、昭和レトロ・アンティークなデザインをインテリアに取り入れる【マツコの知らない世界】

2019.03.08

マツコの知らない世界、ナレーションの玄田哲章のプロフィールや経歴は?

2019.02.17
スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください