ヒーローズ、高田雄史社長(パンケーキgram)がパクリティラミス?商標を先に登録した便乗商法なのか?

tiramisu-trademark

こんにちは、もっちです。

 

中国のパクリ問題などで、日本の人が文句を言ったりしていますよね。

 

それなのに、日本でこんなことがあるんだと、とても残念な気持ちになってしまいました。

中国のパクリトイレ問題!?驚きの紹介方法や乱入会社は?

2019.01.21

無印良品のパクリが中国に?日本が敗訴した理由や全ての商標登録をとっていなかったのはなぜか?

2018.10.31

これまでティラミスヒーローというブランド名で、瓶詰めのティラミスを日本国内で2013年から通信販売を行っているシンガポール発祥のティラミス専門店、通販でも大人気で、注文してから商品が届くまで4ヶ月待ちという大人気スィーツ、百貨店などで期間限定でショップを開くと、長い行列ができるほどの人気ぶり。

 

通販サイトでは、ベストお取り寄せ大賞2018を受賞しているほどで知る人は知っている有名なティラミスのメーカーでした。

 

その人気スィーツを日本の会社がパクったという話になっているのです。

 

このお店はつい先日、表参道にオープンしたのですが、お店の名前が”HERO`S”というのですが、お店の商品やロゴなどが、シンガポール発祥のティラミス専門店のパクリではないかと言われているのです。

 

ロゴや商品を見てみると、確かにパクっているとしか言いようがないです。ロゴに至ってはそのまんま使用しているように見えてしまいます。

 

そんなシンガポールのティラミス専門店をパクったと言われているティラミス店”HERO`S”の社長である高田雄史さんはパンケーキショップgram社長です。他のスィーツのお店を展開しているような人なのに、シンガポールのティラミスをパクったのか、そしてこれは商標を先に登録した便乗商法なのかについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

高田雄史社長のお店、元々はgramというパンケーキ店だった

大阪のパンケーキ店で人気のgramなのですが、パンケーキで人気のお店なのに、どうしてこのようなことをしてしまったのか、そしてどうしてパンケーキではないティラミスにスィーツの範囲を広げたのでしょうか。パンケーキのお店をしていればよかったのにと思ってしまいます。

 

わざわざシンガポールのティラミス店をパクらなくても、ゼロからお店を出して人気店にすることもできたのではないかと思いますよね。

 

パクリ疑惑のでた表参道のお店、テレビでニュースを見た人などはきっとお店にティラミスを買いに行かないと思いますので、オープンして数日しかたっていないのですが、これから売上は一体どうなっていくのでしょうか。

 

パンケーキ店のgramのお店にも影響がいくかもしれませんよね。

 

追記:なんとこの会社、他にも他社の会社の製品を商標登録申請をしていたのです。驚きですよね。

パクリティラミスが商標登録申請をしている商品や他社の製品を登録しようとする理由は?

2019.01.23

 

商標を先に登録した便乗商法なのか?

表参道の店は二日前にオープンしたのに、表参道の店は”ティラミスヒーロー”の使用をやめるように2013年からお店をしているシンガポール発祥のティラミス専門店に警告書を提出したのです。

 

明らかに表参道の店の方が後なのに、先に商品展開していたシンガポールの店がこれまで5年ほど使用してきたティラミスヒーロのロゴやブランド名を変更しないといけない事態に。

 

そして、警告書を出されたのでティラミスヒーロを改めて、ティラミススターというブランドに変更したのです。

 

シンガポール発祥のティラミスの人気に便乗して商標を先に登録した早いもの勝ちということで、同じものだと間違えて購入する人をも取り込もうという便乗商法のように見えてしまいますよね。

 

人気ゼロのブランドがこれから売れるようになるのと、人気があるブランド名で、たくさんの人に認知されているものだったらゼロから始めるほうがしんどいですので、どうしてもパクリ、そして便乗商法に感じてしまいますよね。

スポンサーリンク

 

高田雄史社長(パンケーキgram)がパクリティラミス?商標を先に登録した便乗商法なのか?のまとめ

シンガポールのお店の担当者は、それぞれの企業戦略があると思いますので当社からコメントすることはございません。私たちはシンガポール生まれのティラミスの味を引き続きお届けするため努力していくだけです。とコメントをされていました。

 

この大人な対応、素晴らしいですよね。広い心をお持ちです。だからこそみんなに受け入れられるおいしいティラミスが作れるのですよね。

 

私だったら絶対にこんな風に考えられません。

 

このような考え方をするシンガポールのティラミス店はこれからもどんどんとファンができていくのだろうなと思います。

 

シンガポール発祥のティラミスを食べたことがなかったのですが、ぜひ食べてみたいと思いましたし、売り上げに少しでも貢献したいと思ってしまいました。

 

ブランド名がティラミススターになってから、新しくサイトを作られているのですが、私もティラミスを購入しようと見てみたのですが、商品全て売り切れという状態で予約販売のみになっていました。

 

さすがですが売り切れで残念でした。ブランド名が奪われても、今までの実績から人気はやっぱり続いているのですね。

 

シンガポール発祥のティラミス店のお店の名前はヒーローズではなくてティラミススターになっています。これからティラミススターを応援していきたいと思います。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓↓

中国のパクリトイレ問題!?驚きの紹介方法や乱入会社は?

2019.01.21

無印良品のパクリが中国に?日本が敗訴した理由や全ての商標登録をとっていなかったのはなぜか?

2018.10.31

中国茶と日本茶との違いやそれぞれの製法や入れ方は?【マツコの知らない世界】

2018.12.18

スポンサーリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください