高山良二(地雷処理活動)のプロフィールや家族、資金集めの方法は?【アンビリバボー】

takayama-ryoji

こんにちは、もっちです☺

 

アンビリバボーに地雷処理として高山良二さんが登場されます。地雷処理と聞くと、怖くて、平和な日本とはまったく無縁の世界のことだと思ってしまいます。

 

世界では、地面の中にたくさんもの地雷を埋められたままの国もあるのです。

 

そんな危険な地雷を一つでも多く、処理をしようと高山良二さんは、カンボジアで地雷処理をされています。

 

今回のアンビリバボーではそんな高山良二さんについてのお話しをされますので、高山良二さんのプロフィールやご家族、地雷処理のための資金集めの方法についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

高山良二(地雷処理)のプロフィールや家族は?

それではまず高山良二さんのプロフィールや家族についてお話ししていきます。

氏名・・・高山良二(たかやまりょうじ)

生年月日・・・1947年

出身地・・・愛媛県

職業・・・元陸上自衛官

学歴・・・愛知大学卒業

現在は、カンボジアのバッタンバンに在住

 

高山良二さんは、地雷処理専門家でNPO法人理事長をされています。

所属団体・・・NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会

 

2002年に高山良二さんは定年を迎えています。定年を迎えると、たいていの人は、今までお仕事を頑張ってきた分、遊んだり、のんびりと過ごそうかと考えそうなものですよね。

 

高山良二さんは自衛官として定年まで働いていましたので、仕事上、カンボジアの状況を自身で体験しました。

 

ですが、自衛官の任務内の中にはない地雷の処理を働いている間はすることができず、地雷や不発弾の処理をする技術がありながらも、地雷・不発弾の処理を行うことができませんでした。

 

そんな高山良二さん、定年後は、自衛官ではありませんので、なんと定年退職の3日後には、地雷・不発弾処理をするためにカンボジアに行ったのです。

 

危険を顧みずに、定年退職はゆっくりと、奥様も思っていたでしょうに、定年退職後わずか3日後にはカンボジアに行ってしまって、ご家族もさぞ心配ではなかったのでしょうか。

 

高山良二さんのご家族は、奥様と息子さん、そして犬が一匹、いらっしゃいます。

 

ご家族はものすごく心配でしょうが、きっと高山良二さんの行動は、ご家族にとって、誇りでもあるでしょうね。

スポンサードリンク

高山良二が地雷処理のための資金集めをした方法は?

処理の資金集めは、クラウドファンディングを使って集めたそうで、カンボジアに埋められている600万個の地雷からみんなを守りたいと思っている人たち、436人の支援を得て、目標金額300万円に対して、それの約2倍の約600万円もの資金調達をすることができました。

 

クラウドファンディングで得た資金は、地雷や不発弾などを処理するための火薬や起爆装置などの購入や、防護服や、金属探知器などの購入、地雷除去員への人件費や保険代、宿泊費やガソリン代などに活用されています。

 

予定金額よりも倍の金額が集まったということは、高山良二さんのしたいカンボジアに埋まっている600万個もの地雷や不発弾を撤去したいという考えに賛同してくれる人がたくさんいたということなのですね。

 

同じ人間として、住んでいる地面の中に地雷が埋まっていて、いつ爆発するかも分からない恐怖の中で生きていくということはなんとも言えない恐怖と隣り合わせです。

 

少しでもたくさんの地雷や不発弾が早く取りのぞかれること祈るばかりです。

スポンサードリンク

高山良二(地雷処理活動)のプロフィールや家族、資金集めの方法は?のまとめ

アンビリバボーで高山良二さんという素晴らしい人物を知って、他人のためにここまで行動ができる人ってすごいなぁと思いました。

 

自分や家族、知人などが安全であればと考えてしまう人も多い中で、自ら危険を顧みず、人のために人生を掛けて生きていくってなかなかできることではありませんよね。

 

高山良二さん、本当に人間として素晴らしい方だと思いました。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

こちらも合わせてお読みください↓↓↓

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください