白石麻衣CMのタガタメ(誰ガ為のアルケミスト)とミスチルの曲、タガタメは同じ意味?

keitai

こんにちは、もっちです☺

 

白石麻衣が当たっちゃう?というCM、なんのこと?と思ったので見てみると、携帯アプリの誰ガ為のアルケミストという携帯アプリでのキャンペーンで白石麻衣が当たっちゃうそうです。

 

CMで見ていたのですが、タガタメという言葉がなんだか気になりました。

 

タガタメというのは、誰ガ為のアルケミストを略しているの?と思ったのですが、一体どこをどう略して誰ガ為のアルケミストがタガタメになったのかが気になって調べてみました。

 

そして、タガタメという名前、聞いたことがないでしょうか。ミスチルファンだったら聞いたことがあるのではないかと思います。

 

そうです。ミスチルの曲名でもタガタメという曲があるのです。

 

そこで携帯アプリのタガタメとミスチルの曲名であるタガタメが同じ意味なのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

白石麻衣CMのタガタメ、誰ガ為のアルケミストの略は正しい?

shiraishi

誰ガ為のアルケミストだったら、近いところでダレタメとかじゃないの?間違っていない?と思っていたのですが、公式の略称がタガタメで正しいようです。

 

そこで、なにか言われなどがあってタガタメと訳すのか調べてみると、そもそも誰ガ為のアルケミストの読み方が、間違えていました。

 

読み方は 「たがためのあるけみすと」

 

と読むんだそう。読み方が違っていたので、略称が違うのでは?と思ってしまっていたのです。

 

誰が為をたがためと読むのは、枕草子のころの古い昔からある言葉の読み方で、

 

その頃に「た」→「たれ」→「だれ」と読み方が変化してきて今のだれという読み方になっているので

 

誰が為を昔の言葉を使った読み方で、たがため と読むのです。

 

ミスチルの曲名タガタメの意味は?

ですのでミスチルのタガタメも同じ意味で使われていて、ミスチルのタガタメを感じで書こうとすると、誰が為という曲名となるようですね。

 

たしかに歌詞の中に、タガタメタガタメとあるのですが、桜井さんが歌詞を作るうえで略しているのかと思っていたのですが、どうやら昔からの読み方だそうですね。

 

これからミスチルのタガタメを聴くときは、意味を考えながら聴きたいと思います。

スポンサードリンク

白石麻衣CMのタガタメ(誰ガ為のアルケミスト)とミスチルの曲、タガタメは同じ意味?のまとめ

・タガタメは誰が為を枕草子の時代からの読み方が、現代でも残っているということ。

 

白石麻衣のCMでタガタメ(誰ガ為のアルケミスト)と聞いて不思議に思ったタガタメという言葉。

 

ミスチルの曲名でもタガタメがあったので同じ意味なのかが不思議に思って調べてみたのですが、誰が為をタガタメと読むので、同じ意味でした。

 

昔の時代の読み方とは思いもしませんでしたが、謎が解けましたし、言葉に風流があっていいですよね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました☺

 

こちらも合わせてお読みください↓↓↓

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください