三井和典のプロフィールや経歴、お箸と割り箸どちらが節約になる?【マツコの知らない世界】

mitsuikazunori-ohashi-matsukonoshiranaisekai

こんにちは、もっちです😊

 

マツコの知らない世界ではお箸の世界を三井和典さんがプレゼンされます。

 

いままで3000善のお箸を握っていた三井和典さんと自宅では割り箸しか使わないというマツコさん。

 

最近は世界中がプラスチック問題など、環境に対して対策を考えるようになってきて、プラスチックストローなども紙のストローやステンレスのストローなど、色々な対策を考えるようになってきましたよね。

 

洗って何回も使えるお箸もとてもおしゃれで職人さんの手が込んでいてすごく素敵なのですが、けっこう高価ですよね。

 

そんな洗えるお箸とすぐに捨てることができる割り箸、どちらが節約になるのでしょうか。

スポンサーリンク

三井和典のプロフィールや経歴は?

氏名・・・三井和典

血液型・・・A型

趣味・・・お箸集め・ビリヤード・カメラ

所属・・・四季彩堂

 

三井和典さんは四季彩堂のいう会社で働いています。この会社では、伝統工芸品などの和の雑貨を販売しています。働いていくうちに3000種類以上のお箸に出会い、その中で自分の気に入った60種類のお箸を持っておられます。

 

三井和典さんは常に5~9種類のお箸を持っていて食べるものやその時の気分によって、どのお箸を使うか決めて使っているそうです。

 

それだけのお箸をコレクションしていると、三井和典さんはきっと割り箸を使うということはないのでしょうね。

 

お箸と割り箸どちらが節約になる?

mitsuikazunori-ohashi-matsukonoshiranaisekai

洗って何度も使えるお箸と割り箸のどちらが節約になるのでしょうか。割り箸の単価も下がっていますし、洗って何度でも使えるお箸は金額が低いものから高いものまでたくさんありますので使うお箸にもよります。

 

安いお箸を何度も使えば、節約になりますし、高い高級お箸を買うよりは割り箸を買った方が節約になってきます。

 

仕事などが忙しくて、少しでも家事に使う時間を減らそうと考えたり、洗うことが面倒だから使い捨ての割り箸を使っているという人もいますので、お金というよりも自分の時間を確保したいと考える人にとっては割り箸の方が良いかとも思いますので、それぞれの生活や考え方次第になるかと思います。

 

最近では、マイ箸を持ち歩く人も増えましたよね。自分のお気に入りのマイ箸を持ち歩くことによって、食事をする時に気分よく食事することができると感じる人もいます。

 

ですが、レストランに行って、お箸はいりません。と店員さんに言うのも恥ずかしいと思う人もいるようですのでなかなか難しいですよね。

 

森林伐採につながるから問題となっているという話もあれば、割り箸は他に使用する用途がない木材を利用して作っているから環境破壊ではなく、有効活用しているという話しもありますので、割りばしが一概に悪いとも言えないようです。

スポンサーリンク

三井和典さんのプロフィールや経歴、お箸と割り箸どちらが節約になる?のまとめ

マツコの知らない世界の中で、マツコさんに三井和典さんはお箸はまるで調味料とまで言っていますので、どんなトークが繰り広げられるのかとても楽しみですね。

 

今は、海外から外国人がたくさん日本にやってきます。これから東京オリンピックに向けてインバウンドでもっともっと外国人がやってきて日本のお箸に注目が集まると思います。

 

今回、三井和典さんが番組で紹介してくれるお箸は芸術品のような美しいお箸がたくさんでてくるようです。お箸を食べるためのものとだけ思わずに、芸術品として集めてみるのも楽しそうですよね。

 

最後までお読み頂き有難うございました😊

 

こちらも合わせてお読み下さい↓↓↓

ドラマや映画CMへの出演者の決め方、そして事務所の力は関係するのか?

2019.01.05

世界で最も美しい顔100人・世界で最もハンサムな顔100人の驚きの選考方法は?

2018.12.12

スポンサーリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください