神田松之丞(かんだまつのじょう)が毒舌!講談師になったきっかけやプロフィールや本名は?【有吉ジャポン】

kandamatsunojyo

こんにちは、神田松之丞(かんだまつのじょう)さんが有吉ジャポンに登場します。

神田松之丞(かんだまつのじょう)さんといえば毒舌で有名ですよね。

毒舌な人といえば、度がすぎると嫌われてしまう人もいますが、テレビを見ていて嫌みもなくてすっきりとする人だっています。

心には思っていても社会的地位などを考えると言葉を選んでしまいますよね。

それだけの実力を持っている人だからこそ毒舌を言っても許されてしまうということももちろんあるとは思うのですが、毒舌でも人を傷つけない毒舌を話してくれるとテレビで見ていてとても楽しいですよね。

有吉さんの毒舌も人を傷つけるような毒舌ではないので見ていて不愉快な感じもなくて好感がもてるのでしょうね。

有吉ジャポンに登場する、神田松之丞(かんだまつのじょう)さんですが、今一番チケットが取れない芸人といわれるほどの人で、今とても人気のある人です。

そんな神田松之丞(かんだまつのじょう)さんが講談師になった理由やプロフィールや本名について調べてみました。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだまつのじょう)が講談師になったきっかけは?

古くからの芸能の道のひとたちは、生まれながらの血筋などで継いでいる人が多いイメージですので、神田松之丞さんも血筋を継いで講談師になったのではないかと思っていたのですが、調べてみると違っていて、神田松之丞さんが講談師になったきっかけは、高校生の2年生のときにラジオで偶然聞いた三遊亭圓生の御神酒徳利を聞いたのがきっかけのようです。

高校生のときに、むずかしそうなお話しを聞いて感銘を受けるってすごいことですよね。わたしならきっと話の内容を理解できずに終わってしまっていたのだろうな。と思います。

そして神田松之丞さんは、高校卒業後の浪人生のときに立川談志さんの高座を見てファンになり、その後に神田伯龍に衝撃を受けました。

きっと普通の人だったらそこでファンになって応援をしていくだけだろうと思うのですが、なんと、この世界に入門をしようと入門志願をしたのです。

行動力がすさまじいですよね。しかも入門志願の日は、2代目神田山陽の命日の日というのですからさすがって感じですよね。

みごと入門したときに神田松之丞と命名をされました。

やはり成功をおさめる人というのは行動力が半端ないですよね。行動をしないといけないと分かっていても、成功するかも分からない状態に進む度胸を持っていないと成功はできないのだなとあらためて思いました。

神田松之丞(かんだまつのじょう)のプロフィールや本名は?

氏名・・・神田松之丞(かんだまつのじょう)さん

本名・・・古舘 克彦(ふるたちかつひこ)

生年月日・・・1984年6月4日

血液型・・・A型

学歴・・・武蔵大学経済学部経営学科

 

テレビではみんな気を使ったり、社会的な地位などを気にしたりして本音を言えないですよね。誰かの気に障ってしまったりするのって今後のことなどを考えるとやっぱり怖いですよね。

ですが神田松之丞さんは、本音に100%近い形のラジオを聞きたいと思っていたからこそ、自分が発信するときには本音を話すようにしているようで、それが毒舌と言われてしまうようですね。

人をイヤな気分にさせない毒舌は聞いていても楽しくて盛り上がりますよね。

神田松之丞さんは神田伯山の襲名が行われることも決まっていて、これからも活躍をしていくことが期待されていますしたのしみですよね。

スポンサードリンク

神田松之丞(かんだまつのじょう)が毒舌!講談師になったきっかけやプロフィールや本名は?のまとめ

神田松之丞さんが有吉ジャポンに出演するということで講談師になったきっかけやプロフィールや本名を調べてみました。そうすると成功への道を進んでいる人っていうのはやっぱり成功するために、自分のこれだと決めて進もうと考えた道をまっすぐに目指す行動力がすごいなぁと感じました。

今、神田松之丞さんはテレビでのバラエティ番組にもたくさん出演していて、活躍されていますのでこれからも活躍をしていってくれることだと思いますので応援をしていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください