甲斐みのりの家族や好きを仕事にする仕事のきっかけは?【趣味どきっ!】

kaiminori

こんにちは、もっちです😊

 

甲斐みのりさんが【趣味どきっ!】に登場されるということで、甲斐みのりさんのプロフィールや自分が好きな事を仕事にされる甲斐さんの仕事のきっかけや家族が気になって調べてみました。

スポンサーリンク

甲斐みのりさんのプロフィールは?

kaiminori

氏名・・・甲斐みのりさん(かいみのり)

生年月日・・・:1976年

出身地・・・静岡県

学歴・・・大阪芸術大学文芸学科

 

甲斐みのりさんは、パンマニアだけではなくて、色々な事に取り組まれていて、本を出されています。

 

そして、Loule(ロル)というブランドを立ち上げてイラストや雑貨などを販売されたりしています。

 

甲斐みのりさんは「好きな事を仕事に」されている方で、色々と興味のあることに対してのお仕事をされています。

 

すごくうらやましいですね。自分の好きなことを突き詰めて仕事していくということは、収入の面においてもですし、上手くいくのだろうかという精神的な不安も伴いますので、みんな好きなことを仕事にしたいけれど、どうしても躊躇してしまうという人が多いのではないでしょうか。

 

どうしても安定を求めてしまいますよね。会社に勤めに出ることで安定した収入を得ることができて、家族を守っていって生活ができるので、仕事が苦痛でもなかなか自分の好きなことを仕事にするのは難しいですよね。

 

甲斐みのりさんが好きを仕事にしている理由、それはご両親から、自分が少しでも興味を持ったことはなんでもやってみなさい。と言われながら育ってきたかのようです。

 

甲斐みのりさんは、生まれた環境に恵まれていますよね。周りの家族が自分の好きなことをやってみなさいと応援してくれると、どんどんと興味を持ったことをやってみようっていう気持ちになりますよね。

 

そして、今では好きな事をいろいろと経験されて、お菓子やパンの本や旅の本、おもちゃの本、お菓子の包み紙の本など、多岐に渡り、本をたくさん出されています。

 

甲斐みのりさんは、書籍や雑誌、ウェブサイトの執筆だけではなく、講演会やセミナー・トークショーやワークショップなどのイベントもされています。

 

きっとこのセミナーやワークショップ、トークショーなどに参加すると、自分の人生、自分の好きな事を仕事にしたい!と共感する人がたくさん増えるのではないかと思います。

 

自分の好きな事に対して、進んでいくことができてすごくうらやましいです。

自分の好きな事を仕事にするのって難しいし、好きな事に巡り合えない人もいるのに、甲斐みのりさんは好きな事にたくさん巡り合えて、そして、それを仕事にできるって、本当にすごいな。と思います。

スポンサーリンク

甲斐みのりさんのご家族は?

甲斐みのりさんのご両親の会話が、なんと5・7・5の俳句だったというのですから驚きです。

 

ご両親が俳人だったそうなのですが、まさか会話が5・7・5の俳句とは・・・

 

父親が古文の研究者だったので正しい日本語を使うことに厳しかったそうです。そして休みの日は詩歌を作るために山里などに行っていたそうです。

 

その時に好きな本を1冊買ってもらえるから、その本を読んで待っているというスタイルだったそうで、自分も書く人になりたいと思っていたそうです。

 

甲斐みのりさんが現在、本を書いていらっしゃるのは、ご両親の影響を受けてなのですね。

 

ご両親はきっと、本を書いたり、セミナーなどを開催したりと好きなことをしながらお仕事をされていることをご両親は喜んでいるのでしょうね。

 

甲斐みのりさんが現在の仕事を始めたきっかけは?

絵本作りをしている女性と京都で知り合い、何かお手伝いをさせてほしいと頼んだのがきっかけとの事です。自ら頼み込んで仕事を得るだなんて熱意がものすごいですよね。

 

それがきっかけで本作りの仕事を始められました。

 

そして、2年ほど働いた後、小さな出版社を立ち上げたのをきっかけに東京の編集者の方と知り合って次へと繋がっていったそうです。

 

自分が行動していった結果、色々な方に巡り合うことができ、今の甲斐みのりさんがいるのです。

 

なにかチャンスが舞い込んでこないかな。と待っているだけではなくて、自分から動き出さないと人生は変わらないのですよね。

スポンサーリンク

 

甲斐みのりの家族や好きを仕事にする仕事のきっかけは?のまとめ

甲斐みのりさんは自分の好きな事を仕事にするために、色々な努力をされてきた人ということを知りました。

 

甲斐さんは、友人から思っていることは口に出した方がいい。と言われ、それからは、会う人会う人に「いつか本をつくりたい」という夢を話すようにしていたそうです。

それから、転機が訪れ、京都の本を書ける人を探している編集者と出会ったそうです。

 

“言霊”という言葉もあるように、言葉に出すと夢が叶うというのは本当なのですね。

 

夢は大きければ大きいほど、口に出しにくいものですが、言葉に出さないとその夢はいつまでも現実にはならない可能性が高いので、今、夢を持っている人は言葉にだして、家族や身近な人などに話してみるのも良いですね。

 

夢が現実になった甲斐みのりさん、夢をかなえていっている甲斐みのりさん本人の魅力的な部分も番組で見たいものですね。

 

最後までお読み頂き有難うございました😊

 

こちらも合わせてお読みください↓↓↓

インテリアスタイリスト石井佳苗が趣味どきっ!に出演。DIYでカフェのようなリノベーションを。

2018.12.13

スポンサーリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください