A-Studio+でアシスタント制からMCが2人(藤ヶ谷・キスマイ)になった理由は?

カメライメージ

こんにちは、もっちです。

長年続く、A-Studioが4月からは、A-Studio+(エースタジオプラス)として生まれ変わりリニューアルされます。

それに伴い、アシスタントをされていた上白石萌歌さんが卒業されて、次のアシスタントは誰なのか?と思っていたのですが、アシスタントはなくなって、MCを2人で行うということに体制が変わりました。

どうして、アシスタントがなくなって、MCが2人という体制になったのかが気になって調べてみました。

スポンサードリンク

A-Studioでのアシスタントの役割は?

カメラ画像イメージ

それではまず、今までのAスタジオでのアシスタントの役割についてみていきたいと思います。

アシスタントの人は、鶴瓶さんのアシスタント役として、トークのサポート役をされていましたので、トークをそこまで発言するということはあまりなかった印象です。

どちらかというと鶴瓶さんのサポートではありますが、これから芸能人として売れていくために、名前を売っていきたい女優さんが出演して、名前を広めていく、といった印象でした。

ですので、鶴瓶さんがメイン、そしてアシスタントは補助の役割で番組が放送されていたと思います。

それではまず、歴代のAスタジオのアシスタントを見てみましょう。

Aスタジオ歴代のアシスタント

1代目・・・小泉深雪

2代目・・・IMALU(いまる)

3代目・・・シェリー

4代目・・・本田翼

5代目・・・波瑠

6代目・・・山下リオ

7代目・・・早見あかり

8代目・・・森川葵

9代目・・・emma

10代目・・・川栄李奈

11代目・・・上白石萌歌

現在、11代目の上白石萌歌さんで、アシスタント制度は終わってしまい、鶴瓶さん2人でのMC制となるのです。

これまでの歴代のAスタジオのアシスタントの人を見てみると、現在、女優やタレントとして活躍をしているひとたちばかりですよね。

はじめアシスタントとして番組に出はじめた頃は、あまり知らなかったような人も今ではかなり有名になっています。

ですので、このAスタジオに出演にした人は、所属の芸能事務所、一押しの人なんだろうなと思います。

A-Studio+からMCが2人(藤ヶ谷・キスマイ)になった理由は?

カメラ画像イメージ

それではなぜ、MC、2人の体制となったのでしょうか?

ジャニーズだから忖度などがあったのか?なんて考えてしまいそうなものなのですが、今回、A-スタジオプラスには、キスマイの藤ヶ谷さんが起用されたのは、藤ヶ谷さんの実力を番組のプロデューサーが認めたから、というのが一番の理由のようです。

昨年の8月にキスマイの藤ヶ谷さんがゲストとして出演していた時に、頭の回転の速さや聞き手が引き込まれてしまうトークの実力をみて、スタッフ一同が舌を巻いたとのこと。

今まで、Aスタジオでは、鶴瓶さんが、ゲストの取材をしていたのですが、これからは、鶴瓶さんと、藤ヶ谷さんのお二人がゲストへの取材をすることができますので、鶴瓶さんとしても体力的な負担が少なくなって良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

A-Studio+でアシスタント制からMCが2人(藤ヶ谷・キスマイ)になった理由は?のまとめ

マイク画像

なぜ、これまで10年以上続いてきたAスタジオの番組で、アシスタント制を取っていたのに、
男性アイドルであるジャニーズ、キスマイの藤ヶ谷さんがMCになり、2人MC体制となって
リニューアルされるのかが不思議に思い調べてみたのですが、藤ヶ谷さんの実力が理由のようです。

番組の体制を変えてまで、藤ヶ谷さんを起用するだなんて、藤ヶ谷さんの実力派ものすごいものなのかもしれませんね。

まだ番組が放送されていないので、藤ヶ谷さんがどんなMCをするのか分かりませんが、藤ヶ谷さんがMCのりニューアルされたAスタジオプラスがすごく楽しみですね。

次のアシスタントの女優さんは誰かな?と思っていたので、驚いてしましたが、4月から放送のリニューアル、A-スタジオプラスが楽しみです。

それでは最後までお読み頂きまして有難うございました。

こちらも合わせてお読みください↓↓

セブンルールは出演者をどうやって探している?出演方法や番組に出演することでのメリットは?

マツコの知らない世界は出演する人をどうやって探しているの?発掘方法は?出演者がトーク上手な訳は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください